ゴールド・ダイニング by 招待日和を利用して横浜中華街の廣東飯店でコース料理を堪能してきました

レストラン

以前紹介した、招待日和を利用を始めて利用して食事をしてきました。
場所は横浜の中華街、こちらで招待日和を利用できるのは今日利用してきた廣東飯店になります。


招待日和についてはこちらで紹介しています。

誕生日に行きたいレストランで一人分が無料になる ゴールド・ダイニング by 招待日和
ozmall 青山鉄板焼 藤丸 先日からお寿司の事ばかり書いているのですが、 今回夫がアメリカンエクスプレスカードのゴールドカードを手に入れたみたいで、 『アメックスの会員特典でレストランの料金が1人分になる。』と呪文のようにつぶ...

廣東飯店

IMG_1945

私共「廣東飯店」は、横浜中華街に昭和36年創業致しました。
創業以来から広東料理を中心とした本場の中華料理を多くの皆様にお届けして参りました。
「食在廣東」=食は広東にありと、古くから中国では云われてきましたが、その名の通り、広東料理は今や中華料理の代名詞となっています。 広東料理の本場である香港から、30年以上の経験があるシェフを招聘し、選び抜かれた素材を料理人達がそれぞれ磨いてきた技術と最良の調理で振る舞います。
本物の味を「昭和36年創業以来」追求してきた結果、お陰さまで国内のみならず、中国、香港、台湾などの海外からも大勢のリピーターが訪れる店になりました。

IMG_1950
おいしそうですねー。あれ?!

予約をいれていたので名前がでています!

image

中に入ろうとしたら、我が家の名前で名前が表示されています。(仔豚御一行ではなく本当は苗字を書いてくれていました。)

これちょっと感動してうれしくなりましたよ。

7時の予約ですが、少し早めにつきました

普段でかけない日曜日という事でかなり早めに横浜中華街へつき車を止めて中華街をブラブラ。
かなり時間があったので元町まで足を伸ばしてアイスコーヒーを飲んだりと時間をつぶしましたがまだ時間が。
15分前ぐらいに中に入って声をかけましたが、そのまま歓迎の雰囲気で席へ通してもらうことができました。

用意されていたのは奥の半個室の席

個室は8人からとう事であまり席に関しては期待せずにいたのですが、通されたのは入って奥の部屋になる十分4人座れる半個室の席。
ガラス越しに円卓が見えるだけで、居心地の良い席でうれしい気持ちになりました。

宴がはじまります今回は一人15000円のコースです

招待日和経由で利用できるのは15000円のコースになります。
通常二人で三万円ですが、今回はその招待日和経由の予約なのでなんと1人分の料金となるらしいです。

IMG_1955
ノンアルコールビールを注文してお料理を待ちます。

前菜盛り合わせ

IMG_1956

パリパリと皮が焼き上げられている鶏か鴨肉。

周りが赤くなっているチャーシュー、中華ソーセージ、鮑の薄切り、そして海老やピータンなど。

ひかれているのはシソではなくエゴマかな?

この1皿がひとり分。

クラゲの和え物は周りのソースとは違う酸味が利いた味付けで、またその下にはピクルスのように漬け込まれた野菜が隠されています。

ひとつひとつ違う味わいなのと、歯ごたえなのが楽しかったです。

ボリュームがかなりあります。(家でならこれだけでご飯3倍食べられそう。)

ふかひれ姿煮 蟹肉かけ

IMG_1960

大きなフカひれの姿にには蟹と青梗菜が添えられています。

これで一人前です。

IMG_1965

口に入れると舌でほぐれるぐらいやわらかく煮てあります。

フカひれ風ラーメンなどで食べていたあの香りがします。
否、これが本当の味と香りなのですね。

まるごとアワビの特製ソース煮込み

IMG_1980
フォークとナイフがついてアワビが登場。

これも一人前です。

IMG_1984
レタスの上に煮込まれたアワビが。
なんだかフォークとナイフだと緊張しますが、美味しくいただきました。
かめばかむほど旨みがあふれてくる感じです。

北京ダック

IMG_1971

北京ダックがニモさんみたいなお魚に飾られての登場です。こちらは2人前です。

『巻きましょうか?』とお声をかけていただいたのでお願いしてみます。
IMG_1975

キレイに巻いていただいた北京ダックと海老せんべい。

IMG_1978

甘いお味噌とネギやきゅうりと一緒の北京ダックが美味しい。

ネギは大丈夫ですか?と聞いてくださったので駄目な方も入れないでもらう事ができますよ。

ここで夫はノンアルコールビールを追加、そして私はアイスウーロン茶をいただきます

IMG_1985

この何気に注文したアイスウーロン茶が渋みもなく、キリッとした濃い目の味わいですごい美味しいのでちょっと感動。

蟹卵、燕の巣とミルクの炒め

IMG_1988

蟹と燕の巣をミルク味の玉子でとじた感じの炒め物。こちらも二人前になります。

IMG_1990

これが燕の巣でしょうか。

贅沢ふんわり卵焼きという感じでボリュームがかなりあります。

やさしげなのですが、わぉ贅沢!というお味です。

ブロッコリーはシャクシャクと歯ざわりが心地よい。

ロブスターのチリソース

ロブスターは、生姜炒め、黒豆ソース煮、チリソース、そしてたぶんマヨネーズ味の4つから味付けが選べるのでチリソースをお願いしました。
IMG_1970

基本的に二人分で登場したものは、とりわけで下さるので盛り付けの写真を忘れてしまったので取り分け後の写真だけになってしまいました。
ロブスターは殻つきで衣をつけ揚げたものをソースに絡めてあります。
プリプリでソースは甘めで遠くに辛味がいるかな?という感じでやさしい味付けになっていました。

アスパラの干し貝柱あんかけ

IMG_1992

アスパラガスが貝柱のお風呂に泳いでいます。 二人前です。

アスパラガスならではのアスパラギン酸で元気がでそう。アスパラドリンクとかあるぐらいだしね。

 

IMG_1996

硬すぎず、やわらか過ぎず。もうこの火のいれぐらいが絶妙。そして貝柱が良い出汁をだしています。

それに皮をむいてあったりして技を感じます。

こんな風に丁寧にむかれたアスパラのお料理を食べたのは初めてかもしれないです。

ここで暖かいお茶が提供されます

IMG_1997

このあと炒飯が控えていますが、暖かいお茶の提供が。
お好きなお茶をお入れしますとのことで、翠香烏龍茶、プーアール等などあまりお茶に詳しくないのでいわれるままに翠香烏龍茶をお願いしました。
大きなポットに入って登場しますよ。
お酒を沢山注文していた外のテーブルにはデザート時にお茶の提供をされていたようですが、お腹が一杯になりつつある時の炒飯の前だったので私的にはとてもよかったです。

X.O.醤風味海鮮あんかけ炒飯

IMG_1999

海老、イカ、アスパラ、しいたけなどのゴロゴロの海鮮餡の下には、強い火力でいためられた香ばしい炒飯が隠れています。

IMG_2004

香ばしい炒飯と旨みのあるタレ、そしてゴロゴロの歯ざわりの食べ応えのある逸品でもうお腹がいっぱいに。

『お腹が一杯でしたらお持ち帰りも大丈夫ですよ。』とお伺いをされましたが、

ここは一杯振舞って残させようとする中華職人と、ご飯はひとつぶも残さない!という日本魂の戦い。

ひとつぶ残さずきっちりと頂きました。

もうここでお腹はいっぱいで動けなくなっている感でいっぱいですが・・・

デザートタイムです

IMG_2012
デザートは特製デザートと甘い点心。
特製デザートは、杏仁豆腐、ココナツミルクとタピオカ、ココナツムース、仙草ゼリーから選べたような。

ココナツミルクとタピオカ

夫はココナツミルクにタピオカが入ったデザート。こちらはやさしいお味。
IMG_2009

ココナツムース

IMG_2006
私はムースという言葉に引かれてココナツムースをセレクト。
濃厚で美味しかったけれど、ちょっとハード系ではありました。

ぷるんぷるんの甘いひと時を動画でどうぞ。

満腹は頂点に達し、『むにゃむにゃ もう食べれないよ・・・』と夢をみているようだったのですが、

一口たべてみると・・・
IMG_2017

油の効いたお餅の中にねっとりとした黒あん。
IMG_2019

ホットドッグみたいなこちらはなんだろう、おいしい脂まみれの皮の中にしろ餡。

目にはこってりしてそうなのに、一口たべると軽くておいしくてパクパク食べれてしまったのでありました。

ココナツムースよりむしろ甘い点心のほうが軽い感じでございました。

さて支払いをいたします

IMG_2036

15000円コース二人分、飲み物代、そしてサービス料金で全てを2で割った料金の支払いとなります。

15000円のコース料金だけが優待なのかと思ったら、飲み物もサービス料も半分にしてくれるので、お酒をたくさん飲まれる方は得にお得なのかもしれませんね。

こんな感じの料金になりました。

 

利用して感じたことは優遇されている感満載なこと

スムーズな席への案内。
入る時に見た、歓迎の名前の提示。
そして込んでいる店内からは隔離された広々された奥の半個室の席。
奥の部屋には席が5卓ありましたが、全部使われる事もなく静かで落ち着く雰囲気。
そして同じ部屋でもそのままのクロスを引かずにテーブルを利用されている感じで、白いテーブルクロスを引いて案内されていたのは我が家だけ。
また料理の取り分けをしてくれる等など。
すごく優遇されている感じがとてもしました。
こんなに気持ちよくなれたのは、私達の実力や我が家のちっぽけな財布のパワーでなく、すべて廣東飯店さんによるおもてなし、そして招待日和によるものだと思います。
招待日和のパワー恐るべし!と感じた夜になりました。

これからも日々節約し、仕事をがんばり。
またゴールド・ダイニング by 招待日和を利用して素敵な時間をすごしたいと思うのでありました。

接待に特別な日におすすめです

見た目にも豪華なお料理、そして特別待遇。
これは知り合いをお連れするのにも、そして誕生日などのお祝いにもぴったり。
気持ちのよい時間をきっとすごす事ができますよ。

一休レストランをつかってお得に利用も可能です。

誕生日に 特別な日に過ごすなら 横浜中華街の廣東飯店
先日食事をさせて頂いたのが、横浜中華街の廣東飯店。 香港から来ているシェフが創り上げる本場の広東料理が食べられるレストランです。
誕生日に行きたいレストランで一人分が無料になる ゴールド・ダイニング by 招待日和
ozmall 青山鉄板焼 藤丸 先日からお寿司の事ばかり書いているのですが、 今回夫がアメリカンエクスプレスカードのゴールドカードを手に入れたみたいで、 『アメックスの会員特典でレストランの料金が1人分になる。』と呪文のようにつぶ...

中華街もブラブラしました。

横浜中華街を歩く 最近の人気食べ歩き お土産は?
謝 謝 ヒューヒュー ポーポー です!  ひさしぶり、そして日曜という大混雑の横浜中華街へ行ってきました。 普段は平日の昼間や深夜近くに行く事が多いのでひさしぶりの大混雑の中華街はとても新鮮。 そして行列や、人の流れを見ていると今...

コメント