荏田のフレンチレストラン 木かげ茶屋で6月の人気のフルコース「やまぼうし」

レストラン

横浜市青葉区荏田西にあるフレンチレストラン、木かげ茶屋
夫は家族で昔はよく来ていたらしく『木かげ茶屋』の名前はよく話で登場していました。

今回私は初めて、ですが246沿いに店舗があるので場所も建物よく見かけています。
そんな初めてなのに、初めてではないような感じの木かげ茶屋で6月のフルコースディナーを堪能してきました。

IMG_2207
付いたのは平日の7時頃。
まだ店内も空いていて、1組のカップルだけ。
入ってすぐ右の窓側のゆったりした席へと案内されました。

思っていたよりそれほど広くないですが落ち着いた雰囲気の店内。
奥には個室や2階席もあるらしいです。

そして店舗前と駐車場側にテラス席があり、そちらは喫煙、そしてペットも可になっていますよ。

IMG_2210
まずはトニックウォーターで乾杯。

ディナーメニュー

フレンチレストランと言っても、アラカルトメニューにはパスタやピザなどのイタリアンも。
今回はあまり私がフレンチを食べた事がないので、コースで練習をさせよう(笑)と夫がコースを注文してくれました・・・
コースは毎月変わる 季節のお奨めディナーとなっていて、季節のショートコース、人気のフルコース、シェフ自慢のフルコースの3種あった中から
人気のフルコース「やまぼうし」を選んでみました。

人気のフルコース「やまぼうし」

オードブル

IMG_2213
京都舞鶴港より日本海の鮮魚カルパッチョ
日本一と呼ばれる静岡県幻のトマト サウザンドレッシング
宮崎県産鶏レバーペーストと林檎のコンフィチュール ナッツ添え
イベリコ豚の生ハムとホワイトアスパラの香草パン粉焼き

 

カルパッチョは酸味が利いた、ちょっと和を感じさせる爽やかな味わい。

幻のトマトは柔らかめの食感でフルーツのような香りの甘さと酸味が絶妙なトマトは1切れでも存在感がありました。

レバーは臭みの無い、言われないとレバーとはわからないような丁寧な調理をされたペーストになっています。

ホワイトアスパラは歯ごたえと甘さがあって、グリーンアスパラよりも高級な感じがしますね。
IMG_2215
先に食べた夫が「キュウリのくせにやられた!という感じ」と言った本日の一品のキュウリのジュレ。

たしかに、よくしっているキュウリの味や香りなのにすごくおしゃれな味わいは、キュウリがすごくおしゃれをして目の前に現れた感じ。

冷たくて、爽やか。緑の部分は味付けされたフローズンキュウリのようです。

オードブルは暑くなって疲れ気味の体にしみてくるような、酸味が効いた感じで食欲がわいてきます。

本日のスープ

 

IMG_2218
ほうれん草のポタージュ。

濃厚な、バターの風味のトロミのあるポタージュ。

ここでフランスパンも登場します。

IMG_2220

コースはライスとパンが選べ、両方お代わりもできます。

ライスはお肉料理の時に出てくるらしいのですが、パンはスープと一緒。

なのでパンを選んだほうが、スープと、魚と、肉と食材と一緒に、そしてソースをつけてと愉しめるのでパンがおすすめかもしれません。

ホカホカの暖かなフランスパンは、皮がパリパリで中がふんわり。

そのままでも、バターをつけても美味しいです。

魚のお料理

IMG_2221

北海道産帆立のソテー海草添え
三色パプリカのプロパンス風焦がしバターソース

フランス料理はあまりよくわかないのですが、海草というのが面白いですよね。

焦がしバターの甘い香りがする濃厚なソースに帆立と海草がよく合っていました。

肉のお料理

IMG_2225
厳選黒毛和牛の厚切りサーロインステーキ 紀州南高梅の和風ソース

付け合せはマッシュポテトや焼き野菜。

IMG_2227

このお肉が柔らかくて、脂が甘くてすごく美味しかった!

焼き方はミディアムレアでお願いしました。

そういえば、子供の頃は牛のステーキは「ビフテキ」と呼ばれてなかなか食べる事ができなかった高級品でした。

このステーキを食べて、そういえば昔牛肉を食べるとこんな味がしたなと思い出したのは昔は国産のお肉しか手に入らなかったからなのかも。

美味しいお肉を食べていたのですね。

 

そんな懐かしい思いが頭の中を駆け巡るような甘い脂の柔らかなサーロインは酸味のある紀州南高梅の和風ソースでさっぱりといただけます。

一切れ口に入れると、この幸せがずっと続いて欲しい。ずっとほおばっていたい。そんな気持ちになります。

鉄板焼きレストランでこういうお肉を目の前で焼いてもらうのが夢だったけれど、それよりもこんな風に焼いていただいてからゆっくりこんな風に味わうほうが私は良いのだと気づかされました。

とにかく木かげ茶屋では牛ステーキがおすすめですよ。

パティシエからのお楽しみデザート

IMG_2230

最後に登場は何がでてくるのかわからない、パティシエからのお楽しみデザート。

今日はキャラメルムースと林檎のタルトとたぶんフランボワーズのソルベ。

コースのお料理には、デザートがついているのですが、誕生日や記念日にはお祝いのメッセージをいれた記念日デザートにしてもらう事もできます。

そして単品でも注文できるのだそうです。

今回は記念日デザートではないのですが、こんなおしゃれなデコレーションされて登場したので大興奮。

こういうのってすごくうれしくなりますね。
IMG_2231

そして思わず一口食べて笑ってしまうほど美味しく、もうずっとニヤニヤ、ニコニコしてしまう感じ。

全体的にカジュアルで、ボリューミー。気軽でお腹一杯になる、満足できるフレンチのコースでした。

コメント