権八 あざみ野店  粋な大人がランチにも集う

レストラン

暑くなってくると、食べたくなる。美味しくなる冷たいお蕎麦。
中学生の頃原宿に友達と行った時、お金はないけれどお腹一杯になりたくて入ったのがそば屋だった。
そこで注文したのは、海苔がのっていないけれどお蕎麦が沢山食べる事ができる盛り蕎麦のおおもり。
天麩羅を注文するなんて、夢のまた夢・・・
そんな事を思い出しながら、大人になって天麩羅ぐらいは注文できるようになった私は美味しいおそばを食べてきたのであります。

権八 あざみ野店

IMG_2246
あざみ野駅の駅ビルというのでしょうか。
改札を出てすぐに見えるタリーズの奥に権八はありました。

IMG_2248
その奥には炭焼き 権八の看板。
1階は蕎麦と天麩羅、そして2階はお蕎麦と備長炭で焼き上げる串焼きなどが楽しめるようです。

今日は1階の天麩羅のお蕎麦を食べてみようと思い入ってみると・・・
店内は天井が高く、和風のおしゃれな店内にはラテンのような音楽が流れます。
この和風に洋のおしゃれな音楽というのに私はとっても弱い。
駅からすぐの店内に入ったときのギャップとおしゃれ感には衝撃をちょっと感じました。
ランチなに食べよう?そんな時にここへ案内されたらきっとサプライズ的な要素を感じると思いますよ。
今回はお昼だったけれど、夜の雰囲気も味わってみたいなと思いました。

天井には浮世絵のような絵が中央のカウンター席を囲むように張られています。

権八(ゴンパチ)”は、歌舞伎に登場する主人公「白井 権八」に由来しています。

Shirai Gonpachi Kunisada.jpeg

Wikiで平井権八を調べてみたところ・・・

そうそうこんな絵が貼られているのでした。

そしてカウンター席の後ろには4人掛けや、もっと多くの人が座る事ができる半個室のような掘りごたつの席。
今日はカウンター席に案内されました。

今日はランチの天麩羅御膳を選んでみました

ランチにもいろいろメニューがありますが、蕎麦も天麩羅も食べてみたいと天麩羅御膳に。

IMG_2235

ほうれん草とじゃこのサラダ。

酸味が少なく、さっぱりとした味付けにじゃこがいいアクセントになっています。

IMG_2239

サラダの次はお蕎麦と天麩羅。

カウンター席なので目の前で天麩羅を揚げる、蕎麦をゆでるところが見られます。

自分の天麩羅なんだ、お蕎麦なんだと想像している間も楽しい・・・

IMG_2241

天麩羅はエビ、アナゴ、しいたけ、なす。

大きめでアツアツプリプリのエビとしいたけがすごく良い。

IMG_2242

御そばは少なめなので、250円で大盛りにできますと言われ、お願いしました。

香りも、のど越しも良い美味しい蕎麦。

甘く、濃い目の汁も薫り高くとても美味しかったー。

 

大盛りだけど少なめなので、夫と「おおもりにしておいてよかったね。」と話していたのですが、最後に間違えて普通盛にしてしまったといわれて二人で苦笑い・・・

郷に入れば郷に従えというのか、こういうものなんだと思ってしまう間抜けな二人です。笑 あまりに謝られ、こちらも申し訳ない感じに。

 

IMG_2245

最後にデザートの柚子シャーベット。

こちらもあんみつなどに追加料金で変更できます。

あんみつも食べてみたかった。


権八 あざみ野店 蕎麦 天ぷら

神奈川県横浜市青葉区あざみ野2-1-1東急あざみ野ビル1F

1580円のランチとなりましたが、和的なファミレスでもこのぐらいの値段設定がありますが、

それよりもワンランク上の雰囲気とお料理。

こういったお店で食事をするほうが気分も満足感も違うなぁと感じたのでありました。

ランチタイムには、70代であろう女性、男性がふらっと来店し、セットメニューではなく、お酒を板わさから料理を愉しんだり、
冷たいおそばと好みの天麩羅を数種類注文したりと素敵な大人のお昼を粋に愉しんでおられました。
大人の一人も似合う、そんなあざみ野の天麩羅と蕎麦 権八さんでした。

コメント