新宿高島屋のたいめいけんデリカでオムライスを食べてきました

レストラン
スポンサーリンク

たいめいけんと言えばオムライス。
映画たんぽぽの中でオムライスを作るシーンがあるけれど、
発案が監督、そして作り手はたいめんけんだったらしくあれはタンポポオムライスといって日本橋たいめいけんで食べれるらしいとかなり前から興味があったのであります。
たいめいけんといえば全てがあの作り方だと勘違いしていましたが、オムレツをのせるタイプが「タンポポオムライス」と特別バージョンなのだそうですね。

今回は日本橋ではなく、新宿の高島屋で。
しかも手頃な値段で食べれると聞いて行ってきたのでありました。


新宿高島屋の地下1階の食料品売場内にあるのがたいめいけんデリカ。
オムライスの持ち帰りはもちろん、イートインスペースが5席ほどあって、その横のコーナー作ってくれるできたてのオムライスを食べることができます。
雨の平日だったので、先客は1名ですぐに席に座ることができたのはラッキーだったのかな。

img_2726

一番プレーンなオムライスは1080円。

日本橋たいめいけんでは1700円なのでかなり手頃なお値段で同じオムライスが食べれるのがうれしいですよね。

オムライスはケチャップとデミグラスソースのどちらかが選べるという事で夫婦でそれぞれを注文。

たっぷりめの卵がプルプルとかきまわされ、そしてバターのいい香りが漂ってきます。
まさにプロの技ですよね。
こんな人が家にいたらいいのになー。

これから食べる自分のオムライスが目の前で出来上がっていくのを見るのってワクワクします。
img_2731

夫のオムライスはデミグラスソース。

img_2734

洋食らしいごちそうな味わい。卵は周りはふんわり、そして中はトロリ。
そうそうこんな風なオムライスを探していたんです。

img_2732-1

私はケチャップ。私がつくるオムライスの100倍キレイな仕上がり・・・

img_2739

中はハム入りの優しいのケチャップライス。
そしてかかっているケチャップはかなり酸味がきいてます。

スタッフの女性の方も、そしてオムライスを作ってくれたコックさん?も「撮影してもいいですか?」と聞くと優しい笑顔で快く応じてくださって。

そしてオムライスもやさしくてなんとも幸せな時間を過ごすことができました。

なのでその良い気持ちを持ち帰りたい・・・とおみやげも買うことに。

img_2812

ホカホカ温かいケチャップソースのオムライスを1つおみやげに。

img_2816

値段もイートインと同じ1080円。

これで家族に幸せだった気持ちと一緒に持って帰ることができたのでありました。

 

後悔したこと。

とにかくオムライスを食べたい!という気持ちが高まり、サイドメニューの50円で食べれるボルシチを注文しなかったこと。
50円なのにボリュームがあるみたいなんですよ。 でも生まれてこの方ボルシチを食べた事はまだないのです。
なので次回は是非挑戦してみたいと思っておりますでございますよ。

たまご、ハム、ケチャップと家にあるもの、そして自分でも作る事ができる料理なのだけれど、
再現するのはかなり難しい、シンプルでなつかしいおいしいオムライスでありました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました