とうふ屋うかい 鷺沼店で季節を味わう懐石ランチを食べてきました

レストラン

子供の頃、高尾の方へ行く度にうかい鳥山の看板があって、うろ覚えですが、
『雷が鳴って、雨が降る 船でお食事をお届け うかい鳥山』なんて風に書いてあったのをある意味強烈に覚えています。
大人になってからも、現在もそのうかい鳥山へは行く機会がなく、調べてみてもそのようなイベントっぽいような店舗の仕掛けについては全く情報がないのですが・・・

うかい鳥山ができたのは昭和39年という事なので私が子供の頃には既にあり、そして現在は高尾だけでなく銀座や表参道、箱根、あざみ野、そして今回伺った鷺沼などに、グリル、ステーキ、とうふ屋として沢山増えています。
今回はとうふ屋うかい 鷺沼店に行ってきました。

とうふ屋うかい 鷺沼店

img_3636

八王子・大和田の銘水で作られる本物の豆腐、うかい豆腐が名物のとうふ屋うかい。
そのとうふ屋うかいは、東京芝、大和田、そしてこちらの鷺沼に店舗があります。

数寄屋造りに蔵造り、母屋、離れの座敷など様々な空間は、『のれんをくぐれば江戸』とまさに言う感じであります。

img_3641

車で走っている時に外から見ていた時は、それほど広さを感じない敷地だったのですが、この入り口をすぎると部屋や中庭などとても広い敷地です。

img_3640

どこを見てもいつもとは違う世界にいるような不思議な空間。

受付の横にはお土産や、葛湯のサービスなどもあります。

平日の昼間に急に予約もなしに行ったのですが、意外にすんだり案内していただくことができました。

その後はまた混雑していたようなので、予約はしていったほうが良さそうです。

dsc_0160

案内してもらったのは2階の個室。

dsc_0161

和室にテーブルが置かれた7人までが利用できる部屋に2人でそれはゆったり。とても幸せ。

dsc_0159

窓からは他の部屋の目線などが合わないような工夫が。外まで全ては個室のモノのような感じ。

 

dsc_0163

メニューはコースと単品。名物とうふ料理コースにしようかと思ったのですが、

dsc_0162

なんだか盛りだくさんな感じの『平日昼限定 季節を味わう懐石ランチ (秋)』にしてみました。

dsc_0165

豆乳入りの甘酒

ノンアルコールビールを注文して飲んでいると・・・

「今日はご来店ありがとうございます。料理長です。甘酒にしぼりたての豆乳をいれたものです。どうぞ。」

と目の前で竹でできた入れ物からほんのり温かい甘酒と豆乳の旨味と甘味が調和したような豆乳をいれてくださいました。

アルコールは入っていないので運転する人にも安心です。

dsc_0167

季節の盛り合わせ

手まり寿司、焼きごま豆腐、白和え、おから、まいたけの天ぷら、おからコロッケ、生湯葉2品。

人気のゴマ豆腐はこの時期焼きゴマ豆腐になるそうです。

生麩のようなねっとりとした食べごたえのあるゴマ豆腐でした。

img_3605

塩がかかった湯葉にカボスをかけて、またあんかけの湯葉。

どちらもトロリとしていて味が濃厚で美味しすぎます・・・

img_3607

以前他の豆腐料理のお店でコースを食べた時は本当にお豆腐や湯葉、生麩などだけで物足りなかったのですが、

ちょっとでもお魚やお肉などを入れてくれるとさらに美味しいお豆腐が引き立つ感じがしました。

さすがとうふ屋というだけあって、白和えも、おからもどれも素材の味の濃さや甘味が違うなーと感激。

美味しいお豆腐ってほんとうにおいしいですよね。

dsc_0175

揚げの炭火焼き

届いた時はまだ鰹節がゆらゆらとダンス。

厚さの違う油揚げに片方はお醤油、もう一つは味噌で味付けがほんのりとしてありました。

厚さと味が違うので食べ比べができて楽しいです。

dsc_0179

きのこの小鍋

さてファイヤータイム。

きのこの小鍋の準備が始まります。

10分程度煮てくださいとのことでちょっと時間がかかりますが・・・

dsc_0183

くみあげ豆腐

メニューにはのっていませんが、煮えるまでこちらをどうぞとくみあげ豆腐がテーブルに。

作ってから水にさらしていないお豆腐なのだそうです。上には生姜がのっていてタレはみたらし餡なのだそう。

img_3615

なめらかで濃厚、みたらし餡といってもお団子のような甘さではなくほんのりあまくて出汁がきいている感じ。

出汁でなくて豆腐の旨味がそう感じさせるのかも。

dsc_0184

鍋から湯気が出たら、3分ぐらいで食べられますと言われたので、開けてみるとふっくらの膨らんだ油揚げがしゅーんと小さくなりました。

とおお煮えています。

dsc_0187

本当にいろいろな種類のキノコが入っていて、今日はじめて食べたキノコもあるぐらい。

そして鶏団子が旨味と満足度を高めてくれています。

出汁が本当に美味しくて、美味しいー!!!と私は壊れてしまいそうです。

dsc_0190

食事ということでイカのかき揚げのお蕎麦

いつもはご飯であるそうなのですが、今日はかき揚げのお蕎麦とのこと。

温度と、味付け、そして量がちょうどよい。甘めな感じのおそばです。

img_3616

ここでほうじ茶が登場です!

持って帰りたいぐらいカワイイ鳥獣戯画の湯呑み。

そして夫がおじいさんになったら、1日同じお茶っ葉をこの急須で飲んで欲しいと思うようなシブイ急須。(一日飲んだお茶っ葉は次の日さらにフリカケにしてほしい。)

ひとつひとつの小物が私のイマジネーションをくすぐります。

個室へ行くまでの途中にも珍しい招き猫などがあったすごく感動しました。

ほうじ茶ウマー。

dsc_0194

季節のスイーツ2種

豆腐のブラマンジェとわらび餅

dsc_0199

本当のわらび粉でつくられているのでしょうね、とろりとやわらかなお餅。

そしてたしかにお豆腐なさっぱりしたブラマンジェでした。

img_3629

食後の抹茶 そしてコーヒー

夫は抹茶、私はコーヒー。

ここはやっぱりコーヒーではなく、抹茶。抹茶がおすすめです。 コーヒーは深煎りでミルクが合いましたよ。

img_3630

焼き菓子

抹茶とコーヒーと一緒に焼き菓子で〆。

チョコレートとミルク味のさっくり下焼き菓子が1つづつ。

これでコースは終了。ごちそうさまでした。

かなりゆっくり目に料理がでてくるので、話に盛り上がって変な声をだしていると料理が届くという間合いになってしまいましたが、

つかず離れずで本当にくつろげました。

img_3639

室内は禁煙なので、喫煙の方は入り口側のお休み処で。

ゆったりした個室の空間で、ゆったり美味しい食事をお腹いっぱいたべて帰りは眠くなってしまいました。

七五三らしき家族や、会食の集まりなど皆おっとり、のほほんと幸せそうで雰囲気もとても良かったです。

オズモール経由なら誕生日 アニバーサリー特典あり


とうふ屋うかい 鷺沼店(トウフヤウカイ サギヌマテン)

今回2階の部屋でも十分景色が素敵だったのですが、さらに1階のもっと景色をたのしめる個室もあるようです。
そんな部屋だけの予約や、アニバーサリー特典としてライトアップされた庭園を背景にした記念写真や竹酒、そして和スイーツ付きのコースがディナータイムに5800円で利用できるお得なプランがあり。
また良い席だけの予約プランも。食事は当日にお好きなものを選べます。

夜はさらに雰囲気が良さそうですね。

コメント