24時間お寿司が食べれる  つきじ喜代村 すしざんまい 自由が丘店

レストラン

長く夜勤をしていると、休みの日も昼間出かけるのは結構面倒なものなのです。
休みの日だからと昼間行動すると疲れは2倍どころか3倍以上。
しかし夜中にやっているお店というと、牛丼、立ち食い蕎麦、ラーメンと定番ばかりになってしまいます。

最近は美味しいものを夜中、明け方に食べれるお店というのを探していまして、
その1回目24時間食べれるおすし屋さん、つきじ喜代村 すしざんまい に出かけてみました。

つきじ喜代村 すしざんまい

ソマリア海賊に漁業を教えて海賊を壊滅させた・・・とか、
築地のマグロ初セリでいつも落としているおなじみの木村社長がいる。
あのすしざんまいですよ。

お店は築地を始めとして全国に沢山あるようです。
ぱっと見たところ、どこも24時間営業のようです。


すしざんまい 自由が丘店

今回行ってきたのはその つきじ喜代村 すしざんまいの自由が丘店。

階段を上がって中に入ると、カウンターとテーブル席があります。
勝手に回転寿司なんだろうと思っていた私は驚きでしたが、
『廻るすしざんまい』というお店も中にはあるようですよ。

カウンターのお寿司ひさしぶりだなぁー(たぶん子供の時以来)とは思いましたが、
写真を撮影したかったので、テーブル席へ。

1つから注文できます、(というより注文の値段は全て1貫)という事で口頭で注文なのかと
思ったら、
「紙に書いて注文してください。」とのこと。
そりゃそうですよね、これだけの広さで口頭注文じゃたしかに大変すぎますよね。

72席(カウンター:14席、テーブル:58席)という事で中は結構広いのですが、
明け方2時なのでお客さんは全部で10人程度でのんびりした雰囲気、
でもどこか水っぽいというか働いている人も、お客様もなんだかプロっぽい雰囲気で
ちょっと圧倒されましたが、少しづつ雰囲気にもなれ、注文です。

飲み物はいつもどおりノンアルコールビール。そして私は今日はウーロン茶でかんぱい。

IMG_1298

大トロ、赤み、金目ダイ、甘エビ、イワシ、アジ、赤貝、海老マヨ焼き、あなご・・・

セットメニューが3000円台、2000円台、1000円台の3種類ありましたが好みで注文。

大トロはとろけます。

IMG_1302

はまぐりの御吸い物は、げんこつサイズぐらいある特大のはまぐりの身がふたつ。

こんなに大きなはまぐりを見たのは初めてかも。

 

IMG_1305

春のセット

桜海老、シラス、ハマグリ煮、たい、カツオ。

 

IMG_1307

子持ち昆布、ノドグロ、卵、そしてほたるイカ。

 

美味しいけれど、飛び上がるまでもない感じで、

回転寿司でもなく、カウンターのお寿司とまでもいかないちょっとコスパの悪さを感じました。

夜中にお腹がすいてるから気軽にがっつりお寿司!というのではなく、

飲んだ帰りにもう一見すしをつまみながらちょっと飲みなおしたい人の為のお店なのかな。

夜中なので揚げ物ができません、と言われて注文の選択肢が減ってしまったのも原因かも。

ふたりでアルコールなしで7000円ちょっとでおなか一杯にならなかったのでちょっぴり後悔が残る結果となってしまいました、

お得なセットとかを注文すればよかったのかな、テレビなどの情報で楽しみにしすぎた感ありな私でありました。

すしざんまい 自由が丘店
ジャンル:寿司屋
アクセス:東急大井町線自由が丘(東京都)駅北口 徒歩1分
住所:〒152-0035 東京都目黒区自由が丘1-13-7 サンケンビル1F(地図
周辺のお店のプラン予約:
遊家 二子玉川店のプラン一覧
煌家 のプラン一覧
鉄板焼 ひむか のプラン一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 自由が丘×寿司
情報掲載日:2016年4月7日

コメント