ちょっと食べ方に戸惑ってしまった ハンバーグ&ステーキ 黒毛和牛 腰塚自由が丘店 

レストラン・グルメ
スポンサーリンク

食べてみて、これは美味しい!と思ったのが、こちら黒毛和牛腰塚さんのコンビーフ。

いままで食べていたコンビーフと全く違う まるで細いローストビーフみたい。黒毛和牛 腰塚 手作り極上コンビーフ
2月15日に玉川高島屋へ新しくオープンした黒毛和牛 腰塚で噂の極上コンビーフを買ってきました。 腰塚というと、千駄木腰塚、そして黒毛和牛腰塚があるようですが、ベリーハムで有名なのはコシヅカハムで千駄木腰塚。 そしてレストランや惣菜などで...

まるで細切りのローストビーフのような味わいと、温かいご飯にかけてわさび醤油でいただくというのにかなりハマったあの頃。

というわけでひさしぶりに腰塚さんの新しい世界に足を踏み入れてみようと

自由が丘には、腰塚さんのハンバーグ&ステーキ店と焼き肉店があるのですが、

お正月料理を食べてガッツリ肉を食べたい、それもハンバーグ的な・・・

という気分から、黒毛和牛腰塚 ハンバーグ&ステーキ自由が丘店へでかけてみました。

スポンサーリンク

うれしい夜は23時まで

ピーコックストア 自由が丘店の駐車場に車を停めて、少し歩きます。

どこに行くのか、なにを食べるのかも聞いてなかったので自由が丘だから、あのマグロを3億3360万円で落札したすしざんまいにいくのかな~?と思っていたのですが・・・

すしざんまい社長3・3億落札「やりすぎちゃった」

24時間お寿司が食べれる  つきじ喜代村 すしざんまい 自由が丘店
長く夜勤をしていると、休みの日も昼間出かけるのは結構面倒なものなのです。 休みの日だからと昼間行動すると疲れは2倍どころか3倍以上。 しかし夜中にやっているお店というと、牛丼、立ち食い蕎麦、ラーメンと定番ばかりになってしまいます。 ...

ついたのはこちらハンバーグ&ステーキ 黒毛和牛腰塚。

階段で2階へ上がります。

リッチな雰囲気の広々とした和風な店内

 

広々とした店内は平日の21時半頃だからか先客はおらず、このあと数組が来店されていました。

セルフサービスではない

テーブルにはお水と箸、お手拭き、大きめの紙ナプキン。

そして謎の117の札。

これよくフードコートなどで出来上がった料理をこの札と交換する。みたいなやつですが、

これは会計の時にレジへもってきてください的な札でした。

メニューは少なめ

メニューは開いた場所だけであとは数枚の、よくファミレスである季節の限定商品みたいな1枚もののメニューがあります。

一押しはたぶんタルタル ハンバーグ

腰塚の黒毛和牛100%タルタルハンバーグ。

  1. 高級和牛専門の仲卸業ならではの最高品質と新鮮さ。
  2. 肉と塩胡椒だけで仕上げた、黒毛和牛100%のハンバーグ。
  3. 全て店で仕込み手ごね仕上げ、高温で外はカリッと、中はじっくり焼き上げます。

そうそう、こんなハンバーグが食べたかった!と思いながら。

メニューを読みすすめていきます。

ハンバーグとステーキ、ハンバーグとローストビーフがセットになったコンビネーション。

ローストビーフ、そしてあのコンビーフのお重や

サラダ的なのは和風サラダか、ローストビーフサラダ。

そしてあのコンビーフのプレーン、トリュフ、ペッパー3つが食べられる三種盛り合わせとか。

夫は腰塚ステーキ&タルタルハンバーグ

 

夫はハンバーグも、そしてステーキも食べたいと腰塚ステーキ60gとタルタルハンバーグとご飯セット。

ご飯セットはごはん、赤だし、ゆず大根がついてきます。

付け合せは飴色たまねぎと、マッシュポテトといんげんかな。

ステーキの下にはかるく炒めた玉ねぎがひかれています。

ソースはデミグラと大根おろしが選べますが夫は洋食好きなのでデミグラ。

 

お料理が届くまでの時間はちょうどいいぐらいの間合いだったのですが、

その間に聞こえてきた、「ペチ」「ペチ」

とたぶんハンバーグを手で空気を抜いているんだろうなぁという音が鳴り響いているのが印象的。

(2ちゃんの絶望ハンバーグ工場を思い出しました。 ペチコネ ペチコネ)

本当に店内で仕込んでいるのだなぁと思いましたよ。

デミグラスソースでステーキはあまり美味しくないかも

 

しかしですね、チョイスしたデミグラスソースのみしかついてこないので、

ステーキもデミグラスソースで食べないといけないので、それはありえない味付けですよねぇ。

テーブルには胡椒しかなかったのですが、空いている場所があるので、醤油とかニンニクとか、岩塩とかあったのが片付けられてしまっていたのかも。

なので次回はステーキは期待はずれだったのでハンバーグ。

いやここはコンビーフ丼を食べる場所かも。という感想でした。

 

私は黒毛和牛ローストビーフ&タルタルハンバーグ

私が選んだのは、黒毛和牛ローストビーフ60gとタルタルステーキとごはんセット。

付け合せは飴色たまねぎとマッシュポテト、そしてクレソンです。

大根おろしは大根おろしと小ねぎ、そして卵の黄身が入っています。

そこへお好みで、と煮きり醤油と昆布ポン酢がついてきます。

ここのところ、お酢がほしい私は昆布ポン酢を。

かなり入れないと大根に味がまけてしまうかも。 いや今考えれば煮きり醤油のほうが正解だったかも。

お皿に見えますが、ハンバーグが乗っているのは鉄板。

そして鉄板にのっているのに、好みに焼き上げられるペレットっていうんだっけ?

それもついてきます。

ちなみに、ステーキはレア、ミディアム、ウェルダン。

ハンバーグはミディアム、ウェルダンの焼き方から選べます。

ハンバーグの焼きかたをミディアムでお願いしたけれど、レアぐらいの焼き加減な感じを自分で好みにする感じです。

ただこちらはナイフとフォークではなく箸で食べるタイプのお店なのでなかなかハンバーグがちぎれずちょっと食べづらい感じがありました。

そしてレアっぽく食べても美味しいけれどそれでは多分黒毛和牛の甘い脂を味わえないのですよ。

なので次回はウェルダンで焼いてもらって食べてみようかなと思っています。

 

(同じく店内にいた、常連さんっぽいカップルはハンバーグだけの150グラムと200グラム。

そして男性は焼きかたはウェルダン。

店員さんに固くなってしまいますが、と言われても大丈夫ですと答えていたけれど・・・

たぶん、ハンバーグ&ステーキ腰塚さんでの正解は、コンビネーションではなく、

タルタルハンバーグ1択、そしてウェルダン焼きなのではと思ったのはその事からでありました。)

 

ローストビーフは赤みが良いかも・・・

 

最近ローストビーフにハマっているので、今回はローストビーフに即決めした私でしたが、

美味しくないわけはないし、普通に美味しいのですが、サシが入っているので少し脂っこい気が。

そのわりにロートビーフのタレには酸味がないので、ちょっとしつこい感じがするかも。

ローストビーフは脂少なめがよいかもなぁと思いました。

あとローストビーフにはやっぱりわさびとかホースラディッシュがほしい。

ひさしぶりのユーヨーグリル 北海道で今回はランチ
約2年ぶりの再訪になるのが、二子玉川の高島屋の9Fにあるユーヨーグリル 北海道。 こちらのお肉の焼き方がそれはもう美味しくて、特別感があってすごく良いとお気に入りなのですが、他のレストランも試してみようとなかなか再訪ならず、今回は年末...

 

すごく辛口でもうしわけないのですが、黒毛和牛なのだから美味しい!を全面に押し出して、

プラスの気遣いが足りない感じがしました。

岩塩とか、わさびとか、ステーキソース等、プラスがあるといいなぁと思います。

 

ランチメニュー!

 

今回は初めてだったので、選び方も食べ方もイマイチわからず戸惑っている間に終わってしまった感じなので、次回ランチタイムにコンビーフ丼や、ハンバーグのみ200g体験をしようと思っています。

ハンバーグ&ステーキ 腰塚 自由が丘正面口店  食べログ 口コミ

コメント

タイトルとURLをコピーしました