厄年の人へ贈るプレゼント 厄払いには厄除けとなるものがおすすめ

アイテム

災厄に遭いやすいので気をつけないと言われる厄年のことです。
知らずにとおりすぎてしまえば迷信かなと思ったり、でもそういえばという思い当たることがあったりするのではないでしょうか。
厄年は数え年で数えで、一般的に男は25、41、42、43、61歳、 女は19、32、33、34、37歳となっています。

数え年とは?


Years of Bad Luck / jmurawski

数え年とは、生まれた時を1歳として、お正月を迎えた回数で数えます。
1970年7月10日生まれの人は、1971年1月1日で数え年2歳という計算です。
簡単に計算すると今年の誕生日になる年齢に1歳足せば数え年というわけです。

厄年の方へのプレゼント


こんな箸を見つけました。たしかに箸は長いものだ!お弁当に持っていくといいかも。

厄払いには厄除けとなるものを身につけるのがいいようです。
肌身離さず持てるもので、長い物、うろこ模様の物、七色の物が良いとされています。

長いものといえば、ネクタイ、ベルト、マフラーなど、いつも身に着けているものといえば財布やアクセサリーでしょうか。厄年の人への贈り物なら大切な方を守ってくれるプレゼントアイデアを贈りませんか?

西新井大師(總持寺)で厄払いとリング

毎年初詣の時期には参拝客で賑わう有名なパワースポット西新井大師 總持寺は厄除けも有名ですが、もうひとつの有名が〈西新井大師の指輪〉簡単な水晶占いと、御札と指輪で3000円。
この指輪がブログやミクシィなどで恋人ができる、結婚できると有名になったものです。お寺の山門を入ってすぐ左の露店でお坊さんの装いをした、露天商の方が売っているこの指輪を厄除けと一緒に厄除けリングとして購入するのもよいとか。ちょっと気になります。
足立区の西新井大師の指輪の露店に関してです。(知恵袋)

男性ならマフラー ネクタイ ベルトなどの長いもの

カラフルさが特徴のロックなポール・スミスはサラリーマンの彼にもぴったり。カラフルな長い物として厄年の方にはお守り代わりにも贈れます。
七色でなくても身につけるもの、長いものと言えばベルトやネクタイ、ブレスレット、ペンダントなど。
さすがに七色のベルトは嫌がられちゃいそうですよね。
女性から男性へ贈る場合、ネクタイ、ベルトは好みなどを考えてもちょっとむずかしいかもしれないですが。

女性ならネックレス ブレスレットなどの身につけるもの

誕生石がついたネックレスや、ブレスレットなど、自分を守ってくれる誕生石ならお守りにぴったり。

厄除け天然石ブレスレット 高島屋オンラインストア
高島屋オンラインで見つけたのが、山田念珠堂の厄除け天然石ブレスレット。
古来から七つの石を一度に持つと七つの災いから身を守ってくれるのだそうです。
タカシマヤで紹介しているというだけで、なんだか本当に災いから守ってくれそうな安心感がありますよね。
種類は2つのデザインのMとLの二つのサイズ。男性、女性、そして幅広い年齢の方への贈り物にぴったりです。

こんな幸せを贈れると言い伝えられているアクセサリーがあります。

誕生日に贈る 幸せ ジンクス アクセサリー
世界には大切な人へ贈ると幸せになるという言い伝えのあるアクセサリーやジュエリーなどがあります。 誕生日や贈り物と一緒に、幸せも贈ることができるかも?!というアクセサリーを紹介します。 日本では験担ぎとか縁起が良いという意味でつかった...

厄除けと縁起アップの和菓子

災いを払い幸せに暮らせるよう、日本人は年中行事や人生の節目に菓子を食べてきました。現在は季節の菓子として知られる草餅や粽、亥の子餅も、もとは厄除けのために用意されたものです。虎屋文庫資料展

いろいろ調べていたら、和菓子が厄除けに良いと書いてあるサイトをみつけ、そして上の文章をとらやさんのサイトで見つけました。
草もち、粽ちまき、も厄除けの為に用意されていたのか!とびっくり。亥の子餅いのこもちというのは初めて知りました。

ちまきは5月5日の子供の日に食べるものかと思っていましたが、あれも子供を災いから守ってくれるという事からなのでしょうか。

和菓子には縁起の良い、厄除けのお菓子という名称のものがありまして、
6月16日限定で販売される、吉兆嘉祥というお菓子があります。

厄除けと健やかな暮らしを願う嘉祥の日。お菓子で祝うゆかしい節供をお楽しみください。 吉兆嘉祥たねや

なんと一日限定のお菓子はこし餡を団子生地で包んで道明寺があしらわれています。
少しまだ先の販売なので、まだ間に合いますね。
厄年の方へ贈るのに良さそうなので要チェックな和菓子です。

しかしなぜ?6月16日限定なのだろうと思ったら、この6月16日は平安時代の嘉祥という年号にはじまった「嘉祥の日」、という日でお菓子を16種類食べるとよい。らしい。
問うことで現在はなくなってしまっている嘉祥菓子を上で紹介したとらやさんも毎年6月16日一日限定で販売されているようです。
ちなみに2012年6月16日の記録しかみつけられなかったのですが、東京や京都のデパートなどで販売されるようなのでこちらも新しい情報がわかりしだいお伝えしたいと思います。

厄年の方へ贈るなら、といろいろ調べていたところ、嘉祥菓子に心奪われてしまって最後はお菓子の情報になってしまいました。
嘉祥菓子でなくても縁起がいいとされているお菓子もいろいろありますし、またとらやさんの通販で購入できる最中もうっすらピンクの花の形なのでとても縁起が良さそうです。
季節の和菓子を贈るというも良さそうですね。

【幸せを贈る!】 縁起が良い贈物とお菓子16選
てんとう虫のフラワーギフト 幸せの花テントウ 誕生日、還暦、転勤、お祝いなどの場面で贈ることができる、ちょっと縁起がいいプレゼントはここぞ!という節目のお祝いにぴったりです。 大切な方の幸せがこれからもずっと続いて欲しい。 そんな...

コメント