ルルドがフランフランでルルドクッションを買った、というお話 2年経過しても使いまくりです

プレゼント・ギフト

先日ひさしぶりに訪れた、アウトレットモール【グランベリーモール】でアウトレットモールの良さを非常に感じまして・・・
東京から行ける関東近郊のアウトレットモールに行ってみよう!という企画を脳内で行っております。
というわけで、今回はグランベリーモールに引き続き、 【三井アウトレットパーク多摩南大沢】に行ってきました。
行ってみた雰囲気や感想は改めて書かせていただきたいと思いますが、まずはその三井アウトレットパーク多摩南大沢内のフランフランで見つけて、これを買わないと帰りたくない!
となってしまった、ルルドクッションについてのお話をしたいと思います。

ルルドクッション

ルルドクッションと俗に呼ばれているのは、アテックスという会社から販売されている、ルルドマッサージクッションの事です。
おしゃれなクッションの様な風貌ですが、マッサージ効果には定評があり、マッサージクッションの中では一番有名だと思う商品です。
そのルルドマッサージクッションには大きさやデザイン、もみ玉などいくつかの種類があり、また首専用、足専用などバリエーションも豊富だとか・・・

でも正直、以前からマッサージが大好きな私は、マッサージ機を購入しては、使わなくなるというあまり効果を感じるものに巡り会えなかったのです。
そんな訳で恥ずかしながら、ルルドという自分の名前のクッションを他人とは思えない感覚がありながらも、10年近く期待を持てずに使ってみる事がありませんでした。

三井アウトレットパーク多摩南大沢のフランフランでルルドクッションの輪に出会う

【グランベリーモール】にもフランフランはあったけれど、そこにはなかった、ルルドクッションを三井アウトレットパーク多摩南大沢のフランフランで見つけました。
(あったけれど気付かなかっただけかもしれませんが。)
そのルルドクッションはまるで椅子取りゲームの様に、商品棚を中心にして10もの椅子に置かれた輪になっていました。
それぞれタイプの違うルルドクッションを1から10まで隣の席へ、隣の席へと夫婦で椅子取りゲームのように周り。
違いを感じ、良さを感じ、これが良い、これが安いとバターになってしまうがごとく回り続け。
そして気持ちよすぎて、その輪から逃れる事ができず、このままではフランフランの人になってしまいそうだったので、どれかを買って帰ろう、と店を出る決断をしたのでありました・・・

欲張りな私は一番大きなモノがよかったけれど、予算、そして効能で妥協点だったのが、ダブルもみ玉のルルドクッションというこの商品だったのです。

ダブルもみ玉という、いままでのルルドクッションのもみ玉×2になったのが、Wmomi。

同じタイプでは、この革風の白黒の他にピンク、そして布バージョンのお色も2種類。

汚れたら拭けそうなこのタイプのよくばりもみ玉ちゃんをチョイスしました。

なんでもこのデザインはフランフランだけで販売されているモノのようです。

ダブルでもむから、心地よさ2倍なんだそうですよ!

はい至福の時間をお家でも楽しみたいです!

使わない時はクッションの顔。

ちなみに左したの○がスイッチです。

そして使う時はこのボタンを開けてペロンと上に開けると。

ルルド!という文字のマッサージ部分が登場します。

スイッチ1度押しで、マッサージ、2度押しでマッサージとヒーター、3度押しでスイッチが切れます。

2度押しのマッサージとヒーターの時には、幻想的な光の演出もありますよ。

モミ玉に合わせて光が・・・

マッサージ効果は万葉の湯のマッサージチェアと何ら変わりないぐらいの気持ちよさ。

それまで小さな家庭洋マッサージ機と言えば、バイブレーションタイプを購入していたので、心地よさよりも脳みそまで震える感覚と、
使ったあとは、血行がよくなるのか背中が痒くなる感覚、という感じだったのでありますが、
このルルドクッションは、きちんをもみ玉が背中や肩、肩甲骨あたりのツボにぐぐっともみ入れてくれるので、
それはあの温泉施設にあるような、マッサージチェアのあの気持ちよさとなんらかわりないぐらいです。
しかも一万円であの気持ちよさが買えるなんてコスパが良さすぎです。

クッションなので、そのままだと背中の下部分ですが、自分で体の位置を下げたり、またクッションを上に押し上げて使えば肩甲骨、肩と
マッサージチェアとは違い、少し工夫が必要ではありますが、背中のコリコリがほぐされていく心地よさは同じぐらいの効果を感じるのです。

今感じているデメリットと言えば、やりすぎてしまうこと。ぐらい。

これはかなりのおすすめだと思います。

現在すでに同じデザインは販売終了となっていますが、
icon
icon

こんなソファに置いておくだけでもお部屋がおしゃれになりそうなデザインなど・・・
続々おしゃれなデザインも登場していますよ。

もちろんシンプルなタイプもありました。

同じルルドクッションでもフランフランだとひと味ちがうお洒落なタイプが見つかりそうです。

フランフランのルルドマッサージクッション一覧
icon

購入したその日の夜 そして翌朝

はー、ふー、と言いながら、背中、肩、首などをゴリゴリ、コリコリとマッサージしてもらって大満足。
ヒーターをつけてマッサージをすると、少し汗がじんわりでてきます。
マッサージと温熱なんてすごく贅沢ですよね。
緊張しがちな私はすぐに背中がかちかちになってしまうので、これから疲れを癒やして貰えそう。

そしてそのまま眠くなって布団へ。
なんといつもは途中でなんども目がさめるのに、朝まで8時間ほどぐっすり眠ってしまいました。

クッションとしては固くでそれほど使い勝手がよくないかもしれないけれど、カバーもちゃんとできるので使わない時も邪魔にならない感じ。

毎日忙しくしている奥さん、肩をよくもんであげたな、なんて思い出があるお母さんへ。
一人暮らしを始めたり、新しい会社へ就職したりで緊張することが多そうなかたへ。

そしてお疲れ様のメッセージを込めたギフトに。
そして自分へのご褒美に・・・

ルルドクッションは、本当に貰ってうれしい、あるとありがたいアイテムだと思います。

フランフランコラボでない同じダブルもみ玉だとこんなカバーのデザインもあります。
女性に男性に、インテリアにぴったりな色合いも揃っています。

最後まで迷ったルルドクッショントール マッサージクッション タタキもみは叩きもできる

動きがさらに本格的に、そして叩きもできるタイプのトール マッサージクッション タタキもみは最後まで購入したモデルと迷ったのでありました。
ただし値段がWモミ¥10,584(税込)にに比べてトール マッサージクッション タタキもみは¥21,384(税込)と二倍もの価格なので、
まずは・・・とWモミに決定してしまったのですが、うーんもう一台購入できる日がきたら、こちらも欲しいなとおもうのでありました。

追記

が・・・、やはり手頃なサイズ、手頃お値段の【Wmomi】が人気だったのか2019年6月現在では

フランフランでは、トールサイズの取扱はないようです。

(写真は楽天一番のショップのものです。 楽天市場では取扱がありました。)

今現在は使ってる?もちろん使いまくりでございます

2017年の1月の購入してから、現在は2019年6月となっていますが、

故障することもなく、毎日のように使っていますよ。

こういったモノって、買ったはいいけれど使わずじまいになるとか、しまいっぱなしになるとか

よくありがちですが、なくてはならない存在となっています。

はー。しふくしふく。

その中でも一番心地よいのが、クッションを枕のようにして頭を乗せて、

首筋を揉むこと。

モミ玉の間にちょうど首が収まるので、そこに首を入れて首筋、肩などを寝る前に揉むのが至福の一時。 揉まれながら寝てしまう日が多いです。

(正しい使い方ではないのかもしれないので、ご注意を。そして髪をしばっておかないと髪がグチャグチャになってブラシが通らなくなってしまうので髪を結いて使ってみたほうが良いです。)

もうなくてはならないルルドクッション。

本当に最高。一万円でこの至福のひとときが味わえるなんてすごすぎます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました