こんなに歯磨きが簡単でいいの?!ソニッケアー イージークリーン

アイテム
スポンサーリンク

私の周りには私を含めて歯、口内のトラブルで悩んでいるという人が多いのです。
というのもたぶん人間の寿命が伸びているのにも関わらず、まだ歯や口内の耐性が寿命に追いついていない。というのが原因なのではないでしょうか。
なんでもサメは歯が抜けてしまっても、次々と新しい歯が生えてくるのだとか。
そしてiPS細胞を用いた歯の再生技術も出来上がっていても、それが実現されないこと。
痛みがない、削らない治療方法があるらしくても、それが実現されないこと。
歯科業界の裏があるのでは・・・?!と思ってしまう私は歯医者が痛くて、怖くて大嫌いだからかもしれません。
でも死ぬまで自分の歯で食べたい、となるべく歯医者には行くようにしているのですが、歯茎も衰えているのでなにかケアをしたいといつも思っているのです。

スポンサーリンク

電動歯ブラシ良さそうだよなー

電池式で、パワーがなくなる頃に電池交換が面倒でしたが、タバコのヤニなどは確実に落としてくれる感じでとても良く。
先端部分の換えも販売されているのでドンキホーテで500円ぐらいで購入した電動歯ブラシをここ数年使っていました。
だけれどコストコに行く度に気になっていたのが、いくつかある電動ハブラシや、歯間を水力でキレイにしてくれるジェットウォッシュなど。

歯医者に言っても、もっと口を開けて!となんども昔は怒られた程小さな口、顎に歯が生えている私は、歯間がとても狭く、歯間ブラシも入れるのがすごく困難。
でも歯間をキレイにすると気持ちが良い。だけでなくこれが口臭の原因なのですよね・・・

ソニッケアー イージークリーン

コストコで販売されている電動ハブラシは今回はフィリップスというメーカーの、5つの歯磨きモードがついているダイヤモンドクリーンが2万円程度と、1つのモードのイージークリーン1万円程度という2種がありました。

衝動買いに近い買い物だったのと、どんなものだろうと言うことで1つのモードがついたイージークリーンをチョイス。

といっても、コストコらしく通常とは違って2つが入ったセットになっているので夫婦で使えます。

電池を交換する、購入する手間がいらない充電式というのもすごくポイントが高いです。

携帯できるケースもついてます。が、充電器は入らないので旅行などは別に持っていく必要が。

けれど一度充電すれば一日はもちろん、数日の旅行でも充電器は持って行かなくても良さそう。

 

プラークディフェンスブラシヘッド という小さめのブラシが付いているので、口の小さな私でも快適に歯磨きができます。

歯磨きは硬めのハブラシが良いのかと思っていた私には衝撃のとてもやわらかなブラシです。

ソニッケアー イージークリーンをつかってみて

使い始めは自動的にイージーモードという通常よりも弱めな振動で歯磨きを始める事ができるそうなのです。

何度か使う事で自動的に通常モードへと移行してくれるという機能があるので、使い方に慣れることもできますが、

私は全てのパワーを感じたい!と始めから通常モードへ、充電している時にスイッチを数秒押し続ける事でチェンジすることができます。

2分で自動停止 30秒ことに知らせてくれる30秒ことに知らせてくれる

米国の歯科専門家が推奨するブラッシング時間はなんと2分なんだとか。
その2分の間に、30秒事に3回知らせくれるので、上、下、中、外側へと変えていくだけで歯磨きが終了。
2分ってこんなに短いのかと思うぐらい楽しい歯磨きタイム。
手磨きでは、そして安価な電動ハブラシとは違う感動のツルツル感と、歯間の爽快感をすごく感じさせてくれます。

音波水流で歯間の歯垢を除去してくれる

水流?それは自分の唾液。
その唾液で歯間やポケットに振動と振幅により音波水流を発生させて毛先の届きにくい所をキレイにしてくれます。

これは使わない理由がない!!!

二人分でコストコで1万円、そしてアマゾンなどでは1台で5000円前後とお手頃価格なのに、
これほど爽快で快適な歯と歯茎にしてくれるなんて、これは使わない理由が無いくらい良い。

そしてクセになった私は、この次はマウスウォッシュが使える、エアーフロスもほしいなと思いはじめています。


フィリップス 電動歯ブラシ ソニッケアー イージークリーン HX6521/01

口の中が気持ちよいと色々な自信もつくし、また健康の基本となる歯と歯茎にはまだまだ元気でいて欲しいから。
自分、家族、親、そして友人などにも贈りたいと思っています。

コメント