桃太郎ジーンズ色落ち10ヶ月後

アイテム

去年の6月に我が家にきた桃太郎が10ヶ月経過。
うーん。 ほとんど変わっていない感じですね。w

あ、ここだけは育ってます。ボタンフライ。

02

届いた日、桃ちゃんのボタンフライはとにかく硬かったようで、
つけては外すを繰り返していた夫。
もう比較的開け閉めはしやすくなってきたようです。

03

桃太郎ジーンズの色落ちを見に来てくださる方がいらっしゃるので、
ばーんとした色落ちがあればなぁと思うのですが、堅実な大人のようなゆっくりした歩みとなってます。

w2
ジーンズって買った時よりも、履いて自分の歴史を刻んでくれたほうがとても愛着がわきます。

ただし、気に入った時にはこんなことが。

w3

おしりが破けとる・・・
とかっこよく(自分の中で)なった時にはこんなことになってしまうのですが。
こんな時はやはり厚めの、オンスがいいんだなぁとカチカチの桃太郎さんを見ていておもいます。

薄めをゆるゆると履くのは心地よいですが、桃さん10年後は少し薄くなっているんでしょうか。

w4

この破れてしまったリーバイスはジッパー。
ジッパーとボタンフライだったら、圧倒的にボタンフライがかっこいい。

トイレにいっても、使い込んだボタンフライはプルッとはずせるし、男性なら大切なものを挟んでしまう事もありませんし。
3枚重ねなので、そこだけがまるでふんどしのようにシュッと気合が入る感じがします。女だけど・・・

なんかね50歳とかくなって、大人のおしゃれをしないといけないな、なんて思ったりもするのですが、
やっぱり私にとって正装はジーンスとTシャツなんですよ。

ちょっと今日は気合を入れようという日はやっぱりマリリンマンソンとかのロックTw

そして胸には車寅次郎のようにお守り袋をぶら下げて。

私も桃ちゃん欲しいなぁとおもうけれど、まだ思案中。
ブーツカットが欲しいけれど、いまいち裾の広がりが甘いような気がしてるんです。

ベルボトムみたいなブーツカットだったら即買ってしまうんだけれど。
ストレートの方がいいかなぁと迷いに迷ってます。

今年のバレンタイン、ご主人になにを贈るか決めましたか?
それならちょっと奮発して、桃太郎ジーンズを贈るのがおすすめです。
なによりも、履いた所を見て惚れ直す。というのがおすすめのポイントです。 うふふ。

最近100円のジャムや、300円で100パック入った紅茶なんかをイロイロ買ってみて。
たまには安価でも美味しいものに巡りあえて嬉しい瞬間も。
やっぱり「買わなきゃよかった」と思うものがおおいですが、そんな小さな刺激を愉しんでいます。
高ければ良いってもんでもないと思うんです。

でも桃太郎ジーンズはちょっと高い。

桃太郎ジーンズが高い理由

ちょっと高いなぁと思ってしまう、桃太郎ジーンズはどうしてなのかなと思ったのですが。
それは高級綿のジンバブエコットンという高品質の素材にこだわって、職人が昔ながらの技術を駆使してつくるという手作りの作品だからなんですね。

現在多くは海外へと工場を移し、縫いやすくするために、薄い扱い易い生地を使うようになり。
ミシンでパーっと縫うそんな工業製品となってしまっています。

もちろん、工業製品が悪いわけではなく。
新しいものをどんどん買い換えて、いつも綺麗なものを着たいという人にはとても便利だと思います。

でもライフスタイルとして、
ひとつのものを買ったら、長く使いたい。
使う度に愛着を感じるものだけを自分のまわりに集めたい。
なかなかものを捨てる事ができないほと、モノを愛してしまう。

そんないい意味でおたくな人はやっぱり桃太郎ジーンズがおすすめなんですよ。

もう夫なんて履く度にいいなぁとつぶやき。
その履いた姿を見て、妻はかっこええ。と惚れなおす。
そんなバカ夫婦なんですけどね。

このブログに銅丹レーベルと出陣レーベルどちらがいい?
と悩んでいる方がおおく検索で来てくださっているので、銅丹レーベル、レーベル出陣の比較をまとめてみました。

二本線は桃太郎ジーンズを履いている!という主張もあってすごく素敵ですが、
よく見ないとわからないけれど、分かる人にはわかる銅丹もおすすめ。

さらに。ポケットは二本線かモモステッチかと思いがちですが、オーダープリントができて。

写楽桃太郎や写楽鬼などイカツイのも、家紋、出陣家紋なんかもと種類も豊富です。

私が買う時は、ピンクパールの可愛い方の桃太郎ちゃんをいれたいな、なんて思ってニヤニヤしたりしています。

年取るとペアなんて着ないけれど、こんなおそろいは年齢関係なくできるのでうれしいですね。

コメント