横浜中華街を歩く 最近の人気食べ歩き お土産は?

グルメ

謝 謝 ヒューヒュー ポーポー です! 

ひさしぶり、そして日曜という大混雑の横浜中華街へ行ってきました。
普段は平日の昼間や深夜近くに行く事が多いのでひさしぶりの大混雑の中華街はとても新鮮。
そして行列や、人の流れを見ていると今はこんなのが流行しているのかな?と最近人気の食べ歩きなどもあったので、
私のおすすめと最近の流行をお伝えできればと思います。

古くはこんなのが人気だった。

全く見なくなった椰子の実ジュース

cocos-719136_640
こんな椰子の実、ココナツにストローを刺して飲んで歩きながら飲んでいる人が沢山いたのは80年代頃だろうか?
ココナツミルクの想像とは違い薄い味でしかもぬるかったらしく、『あれは美味しい!』と言っている声を聞いたことがないような。
あちこちの路地に飲み終わったココナツが悲しく捨てられているのを多く見かけた気がします。

ひと昔前は中華街でたくさん売っていたヤシの実ジュース(500円)。今では売っているところを見ないのですが、なぜなんでしょうか?
(はまれぽ)

食べ放題ばかりになっている

IMG_1891
老北京は人気みたいです

食べ放題がはじまりだしたのは90年代ぐらいからだろうか?その当時は歩き回ってようやく食べ放題というのを見つける感じ。
それまでやさしい接客になれていた私は、怒ったような水のコップの置き方と、
テーブル注文での食べ放題なので、いろいろお願いしていたら、『もう、これで最後。』と食べ放題なのにもう注文はできないと言われたのがすごく新鮮だったあの頃。
それから食べ放題のお店には入っていないけれどどんな感じになっているのでしょうか。

好きなものだけを少しずつ、逆に、普段食べず嫌いだけど挑戦してみたいというメニューも、少しだから試すことができるんです! しかもコストパフォーマンスの高い中華街。ハズれないお店ばかりですので、ぜひ行ってみてください。
横浜中華街でハズれない食べ放題のお店21軒 (travelbook)

食べてみてー!の甘栗

sweet roasted chestnuts/Tenshin-amaguri/甘栗
sweet roasted chestnuts/Tenshin-amaguri/甘栗 / amo_designare

甘栗太郎を覚えていますか?
昭和の時代、駅に必ず甘栗屋さんがあってお父さんのお土産として買ってきてもらって食べる事が多かった・・・あの頃。
中華街のあちこちで甘栗を『食べてみてー』という売り子さんがいるようになったのはいつからだろう。
味見は美味しいものを渡し、買うとなれば美味しそうなものをオマケとして入れてくれてパンパンの袋を喜んで持ち帰り。
家で開けて見ると、下はほとんど粗悪品ばかりという話も聞いた事があります。
購入するなら聘珍樓(へいちんろう)の「聘珍大甘栗」がおすすめです。

横浜中華街で「栗を売っている屋台」がとても多いワケ ウレぴあ総研

行列ができている小籠包 鵬天閣

IMG_1908
長い行列ができていたのが焼き小籠包の鵬天閣
多くの人がその場でアツアツをうれしそうにほおばっていて、おもわず食べたくなります。
小籠包
小籠包 / being0828

以前人気だった肉まんよりも、とにかく焼き小籠包を食べている人を見かけましたよ。

横浜中華街でオススメの焼き小籠包BEST12。これぞ食べ歩きの王道!ファインドトラベル

[clink url=”http://www.piggymark.com/gulmet/2141.html”]
[clink url=”http://www.piggymark.com/gulmet/2221.html”]
[clink url=”http://www.piggymark.com/dinner/2154.html”]

コメント