大容量!酸っぱくて苦味ばしる コストコ オーガニックレモネード

グルメ

コストコで発売されているドリンク、ジューズは多くが3リットル近くもある大きなボトルの2本セット。
量も然ることながら、値段も2本で1000円ぐらいするので未だ手を出さずにいたのであります。
今回は長く休みが続くお正月に良いかな?とレモネードを購入してみたのですが・・・
これがすごくよかったので、お知らせしたいと思ったのであります。
なによりも、美味しい!したっぷり飲める。
そしてアレンジもと万能なレモネードはこんな感じでした。

カークランド オーガニックレモネード

通販で購入となると、楽天市場、ヤフーショッピング、アマソンなどのなるかと思いますが、価格はだいたい1500円前後。
コストコでは980円ぐらいで購入できたと思います。

2.84Lのボトルが2本なので、約6リットル。
飲み物を人よりも多く飲んでしまう私でもさすがに1本1日では消費できません。

すごく美味しいです!


おせち料理の準備をしながら味見をしてみたら。
あら!美味しい。
毒々しい酸っぱさではなくて、レモンのじんわりくる酸味と、大好きな皮の苦味をしっかり感じる。
そのままのレモンを飲みやすくしてくれた感じですごく爽やか。

その飲み心地は体に染み入る、「ビタミンCがほしかったよ~ありがと~。」と体が喜んでいるような感じです。

アメリカではすごくポピュラーな飲み物

子供がお小遣い稼ぎにレモネードを売る・・・というのはアメリカの映画やドラマなどでもよく登場すること。

またオーガニックのハチミツレモネード「BeeSweet Lemonade」で起業し、スターバックスなどが提携先となっている少女ミカイラ・ウルマー(Mikaila Ulmer)さんはなんと当時10歳。
一般的であって、まだ発展途上となるすごい飲みもの。

映画でもよくドライブインで透明カップ入りのストローがささったレモネードを飲むシーンがよく登場するので、
10代、アメリカかぶれだった私はレモネードに憧れたものです。

そんな酸っぱくて苦味ばしる コストコ オーガニックレモネードは10代からの飲みたかったアメリカレモネードだったのかもしれません。

濃いめなのでいろいろバリエーションも

ミカイラさんに習って、ハチミツを入れたり、レモンを浮かべたりなどはもちろん。
私はもったいないので(笑)炭酸水で割って飲んだり。
(ウィルキンソンのコーラ、レモンや、味のない炭酸水でも美味しいです。)

紅茶に入れたりとなかなかいろいろに使える優れもの。
なくなったらまた買い足したい1本、いや2本です。

コメント