コストコ 生豚肉羊腸詰めハーブ

グルメ

ソーセージ!大好きです。

とは言え、塩分とかあまり体によくない成分が含まれているとかで、結構悪者扱いされている事が多いのでありますが、ソーセージ大好きです。

でもフードコートのホットドッグのソーセージーは細挽きすぎで、スモークもされていないのであまり好きではなく。イケアのホットドッグのソーセージの方が好み。

そして以前コストコで買ったシュラスコソーセージは太くて味わい深くてとても美味しかったー。

今回はコストコのお肉売り場で販売されていた、大容量の生豚肉羊腸詰めハーブを買ってきました。

 

 

生豚肉とたしかに書いてあったけれど、パックを開けてみて驚いたのが本当に生で、柔らかいこと。

そしてほとんどがずらーっと長く続いていること。

これは茹でても焼いても勝手に切れないので、ハサミなどでパチンパチン切る必要がありますよ。

冷凍保存したのを15分茹でて、そのあとフライパンで焼いてみました。

白いソーセージ!

白いソーセージと言えば、食べたことも行ったこともまだないドイツのイメージでペペロンチーノ味にしたブロッコリーと丸揚げの新じゃがを付け合わせにしてみました。

無機質な感じが良いでしょう?!

しかしー。ドイツではじゃがいも団子のクネーテルをソーセージの付け合せにするんだそうな。

 

でもドイツ定番の白ソーセージは原料が牛肉で、外の皮が硬いのでナイフで切って中だけを食べたり、ストローみたいに中身だけを吸い出して食べるとか。

このソーセージは羊の腸詰めなのですが、全く固くなく、そしてパキッという歯ごたえもありません。

ちょっとクセがあるのかと思ったけれど、食べてみたら全く臭みやクセはなく、たとえれば粗挽きシュウマイのような感じで日本でよくいうソーセージよりも肉肉しています。

 

過剰な脂がないので、中から脂が滲み出てくることもなく、マイルドなお肉が詰まっている感じ。

ハーブも強すぎず、でもきっと肉の臭みを隠してくれているのでしょう。

あっさりしているので沢山食べれてしまうのがちょっと心配。

冷めたのも美味しくたべられるので次の日、ちょっとお醤油をつけてお弁当にいれたのも美味しかったです。

コメント