2019 大丸松坂屋のおすすめおせち お正月料理

グルメ

2019年も大丸松坂屋のおせちの特集が始まりました。
承り期間は12月22日までとなっています。

2019年の特別企画

豪華な顔ぶれの方たちが監修した、いままでにないおせちの数々。
●料理研究家 大原千鶴監修 幸せおせち。
●服部栄養専門学校校長 服部幸應と「あまから手帳」編集顧問 門上武司監修伝統と革新の饗宴おせち。
●酒場詩人 吉田類監修のおつまみ玉手箱。
●陳建一、落合務、中村孝明と3人の和洋中の巨匠が共演する和洋中のおせち。
●料理マスターズ受賞、杉本敬三と松尾慎太郎監修のおせち。

大丸・松坂屋の2019年の特別企画

その中から今回はお目出度い大人が集まる時に用意したい、酒場詩人 吉田類監修のおつまみ玉手箱をピックアップ!

酒場詩人 吉田類監修 おつまみ玉手箱


酒場詩人 吉田類監修 おつまみ玉手箱

吉田類の酒場放浪記で全国を旅して美味しいお酒を飲めるお店を紹介している吉田類さん監修の、おつまみ玉手箱はお酒との相性はもちろん、食感や風味、彩りにもこだわったおつまみがいっぱいのまさに玉手箱となっています。
こちらは二人用。
遠く離れて暮らす、お酒が好きな両親へ。
そしていつも忙しくしているご家族と一緒のゆったりとした時間を過ごすためにおすすめの一段おせちです

。酔いどれクリームチーズ、なまこポンズ、サバの燻製など様々なお酒のお供になりそうなメニュー全34品。

価格:税込 16,200 円 (本体価格 15,000 円)

井 一乃松 海鮮美味ご馳走詰合せ


福井 一乃松 海鮮美味ご馳走詰合せ(2~3人用)

吉田類さん監修のおつまみ玉手箱と同じく美味しいお酒が飲めそうな詰め合わせです。

福井から届く、海鮮の美味しいがぎっしり詰まった、海鮮美味ご馳走詰め合わせ2人から3人用。
色とりどりのおもわずつまみたくなる美味しそうな海鮮が少しづつ色々入っている。
というのがおすすめのポイントです。

価格: 税込 13,799 円 (本体価格 12,777 円)

大丸・松坂屋厳選おせち


【大丸・松坂屋厳選】G 福寿 和・洋風 三段(4人用)
おせち選びは、失敗したくない。
でも見ているとだんだん皆おなじに見えてしまって、決めてにかけてしまう。
と困っている方へ。
そんな時は、大丸・松坂屋の厳選おせちがおすすめです。
価格は税込み10,800円の二人用から、税込み32,400円の4人前まで値段と人数で大丸松坂屋が厳選したおせちが選べます。
定番、和洋中、ボリュームや幅広い年齢層に好まれるなど決めてがいろいろ記載されています。

大丸・松坂屋厳選おせち 

 

自分に合わせるマイおせち

一段だけでも、好きなだけ重ねても。

いろいろな1段2人用の和風、洋風、中華そして異なるお店のおせちが揃っているので、お好きなのを組み合わせて自分だけの2段重、3段重、そしてもっともっと。
と同じなるのおせちが出来上がります。
自分に合わせるマイおせち

鍋 オードブル 迎春料理

加熱容器付き、8種のステーキと煮込みの1段重


近江牛づくし 一段(4人用)

ひすい原石で焼く、コースすべてが近江牛とこだわりの野菜で構成される、「近江牛づくし会席」が評判の「名古屋 中区 ひすい焼きステーキ 八傳」のお正月にもぴったりな近江牛づくし一段は、シャトーブリアン、イチボ、ラムシンなどの8種のステーキとほほ肉の煮込みが楽しめるセット。
紐を引いて温まる加熱式容器付きで、そのままテーブルで美味しく召し上がる事ができます。
自家製甘たれ、ゆずぽん、刻みワサビ、塩つきの4人用となっています。

 

東京人形町 今半すき焼きセット

 


東京 人形町今半 すき焼セット (3人用)

お正月にも、そして今年の忙しさを思い返しながらのんびりする年末にも。

家族揃ったらやっぱりすき焼きという方が多いのではないでしょうか。

そんな素敵な一時のお供のすき焼きのおすすめは今半のすき焼きセット。

疲れていると、外で鍋物は火照ったりして疲れてしまったりするけれど、お家でなら気兼ねなく食べることができます。

今半ですき焼きを愉しむ時と同じ、「今半」の文字入りの麩など材料が全部揃っているのも便利です。

大阪 道頓堀今井 うどん寄せ鍋セット


大阪 道頓堀今井 うどん寄せ鍋セット(2人用)

大阪心斎橋店で一番人気のお正月料理がこちらの、うどん寄せ鍋セットです。
車海老、焼き穴子、ホタテ貝柱、いわしつみれ。湯葉などと各種野菜が揃っているので、あとは家族は揃えばいつでもうどん鍋が始められます。

いつもとは違う鍋ですごくお正月はいかがですか?

 

大丸松坂屋のお正月特集には今人気のおせちのランキングなどもあるので役立ちます。

是非確認してみてくださいね。

2019年 大丸・松阪屋のおせち

コメント