東京・湯河原温泉 万葉の湯  朝食ビュッフェ食べてきました

お出かけ

誕生日には宿泊・・・
そしてなんでもない月でも毎月のように日帰りと訪れているのが、町田にある東京・湯河原温泉 万葉の湯 。
2月からは深夜料金の値上げや、朝食がビュッフェのみとなったりと色々変化しているので、
昨日の日曜の夜に行ってきました!

[clink url=”http://www.piggymark.com/hotelstay/136.html”]
[clink url=”http://www.piggymark.com/hotelstay/3073.html”]
[clink url=”http://www.piggymark.com/hotelstay/5306.html”]

意外にポイントが溜まっていたのでかなりお得に利用できました

いままで貯めていたポイントで今回は入場、そして岩盤浴を2人無料で利用できました。
朝までいたので深夜料金と食事代だけで今回は利用できたのでかなりお得。
ポイントって結構たまるのでカード入会したほうがお得です。

日曜の夜はちょっと賑やか ちょっと人が多い

いつもは平日に行っているのですが、今回は日曜の夜・・・
という事でいつもより人がすごい。
そして学生さんが休みということで大学生らしきグループも多々。
しかしですねー。駄目ですよ。
浴場の更衣室だけで飲んでね、という牛乳を喫煙室に持ち込み、ゴミがそのままカウンター。
大きな声で話す、笑う。電話をする。
そして飲み終わった瓶をゴミ箱へ投げる・・・
既に入っていた瓶とぶつかり、ガシャーンという音、ここはヨハネスブルグかよ!と思いました。
社会人になって疲れて、癒やしが必要になった時に温泉にきた時、騒ぐ学生さんがいて初めて過去の自分に気づくのですかね。
(ゴミは掃除をしてくれる方にすぐに片付けられますが、また新たに牛乳の包装紙がすぐに捨てられていたりしていました。)
お風呂の中のあちこちにもハンドタオルが置きっぱなしで、日曜は掃除も大変だなぁーと思ったのであります。

お風呂の中でも他の人が近づきづらいような大きな声で、おおまた開きで恋話をする若い女性二人を見て、ため息がでてしまった、おばちゃんでございます・・・

しかし、そんな日曜の混雑も、24時を過ぎ、2時を過ぎだんだんと静かになっていくのでありました。

浴室の前のマッサージチェアが新調されていました!

浴室入り口に前からあった3台のマッサージ機が新調されていました。 その名も「あんま王」

加圧音のプシューという音や、動きがまるでアトラクションの様。

足裏が痛い痛い・・・

以前の機械の方がしっくりきていたなーと思うのは、ルルドクッションを購入して家で毎日使うようになったから、体のコリがないからなのかも。

[clink url=”http://www.piggymark.com/gift/6278.html”]

今回は朝食ブッフェのためにラーメンは食べず

仕事が終わってから、軽く夕食を食べて万葉の湯についたのが21時半頃。

岩盤浴を2セットとお風呂にはいったところでお腹が空いてきました。

が・・・今日は朝食ブッフェを食べようと、こぼれフライドポテトとろとろチェダーチーズソースがけをつまんで我慢ガマン。

6時から10時の朝食ブッフェを初体験

ご飯、パン、シリアル、などのメインが選べ、ヨーグルト、サラダ、などの洋食や、さわら、鮭などの焼き魚、そしてエビチリ、豚の角煮、マーボーとうふなどの中華も。

スープ的なものは、コーンスープ、味噌汁、豚汁、稲庭うどん、鶏つくね汁など。

普通に美味しい中華です。

ソーセージ、ベーコン、卵焼きなどを取って。

豚汁と鶏つくね汁とご飯。

以前と同じく、お漬物や、しらす、納豆、大根おろし、明太子などもありますよ。

フルーツはグレープフルーツぐらいでちょっとさみしいかも。

朝食ブッフェ、1500円なのでちょっと値段の割には頻数が少ないかな-と思うところですが、その値段なのでうるさい人たちもいなくて、静かにのんびりと食べれるし空いているのでとても心地よい。

いままでで一番、静かにのんびりと穏やかに食べることができた朝食だった気がします。

コーヒー、紅茶、オレンジジュースなどもありました。

 

喫煙室内にも、お風呂の中にも静かに、おしゃべりは小さくと表示してあっても、どうしても仲が良い人と来るとおしゃべりしたくなる気持ちはわかります。

でも、のんびりしに、癒やしに来る場所だからこそ・・・

と思うと、深夜料金の値上げや、朝食ブッフェのみで1500円というのはありがたい事なのかなと思うのでありました。

コメント