腕時計を誕生日に贈る理由とおすすめ

人生に大切なアイテム腕時計を誕生日プレゼントに贈る理由とおすすめ

ずばり「時間」を象徴するアイテムが腕時計。
毎日つかうモノだから、いつでも自分を思い出して欲しいという想い。
そして、指輪と同じく、常に他の人からも見えるアイテムという事から、自分の存在をいつもアピールしておきたい。
という小さな束縛感もあるかもしれません。

様々ある誕生日プレゼントのアイテムから、【腕時計】を選んだという事は、より大切に思っていること、そしてこれからの人生を共に過ごしていきたい。そんな気持ちが込められているのではないでしょうか。

目次

時計を贈る場合のタブー


これからは時間を気にすることから少し開放される、定年退職祝いに時計のプレゼントする事は、「これからも、時間を気にしながら頑張ってください。」という意味と捉えられてしまう場合はある。

大切な人に時計をプレゼントする事は「時を詰める」となり、その人と一緒にいられる時間が短くなってしまうと言われる。

台湾、中国では掛け時計や置時計は中国語で【鐘錶】、この「鐘」という字は「終」と同じ発音で、
「終」 は死という意味の為、時計をプレゼントすることは「送鐘」=「送終」となりかえって不幸を贈る意味のようになってしまう。
その事から、置き掛け時計は贈らないほうが良いかもしれません。
しかし、腕時計は中国語で【手錶】のため、贈りものには問題ありません。

時計と一言で言っても、置き時計、腕時計があり、日本で腕時計は結納に使われたりまたクリスマスにはペアウォッチとして選ばれたり、と腕時計を贈る事にはあまりタブーにはなっていない気がします。

定年退職の時にもし、腕時計を贈るならいままでのビジネススタイルではなく、人生を楽しむための良質なブランドのスポーツタイプなどを選ぶ。というのも良さそうです。

中学、高校への進学、就職という大切な場面でも贈られる

時間を守る、身なりをきちんとする。そんな新しいスタートの幸せへの道標としても使われます。

人を判断する上で、言葉では「人間は中身。」というものの、第一印象

カリフォルニア大学の心理学名誉教授 アルバート・メラビアンが発表した研究結果、メラビアンの法則では、

第一印象は3〜5秒で決まる。と言われており。

  • 見た目 55%
  • 声 話し方 38%
  • 話す内容 7%

ホテルや、レストランなどで待遇を良くされる人は見た目、服装、メガネ、髪型、顔の艶、そして話し方声のトーンなどをパッと総合的に判断され、予約していない時に案内される席や、扱いなどが変わってしまうのです。

扱いが変わると言われる「ロレックス」

その中でも、特に扱いが変わると言われるのが、「ロレックス」の腕時計。ロレックス 公式サイト

  • ロレックスの定番 コスモグラフ デイトナ メンズロレックスと言えばの
  • ロレックスの定番 サブマリーナ 定番中の定番のダイバーズウォッチ
  • ロレックスの定番 エクスプローラー シンプルでベーシック

ロレックスは、しているのとしていないのでは全く違う対応になり、うれしい事が沢山生まれるという話を聞きます。

比較的だれにでもわかりやすい、ロレックス腕時計はもちろんの事ですが、

服装にあった、手入れのされたきちんとした腕時計は、お出かけや人に有る時の必須アイテムが高級時計です。

安いのでいいや、という方もひとついい腕時計や靴などいいものをひとつ付けると、同じ服を来ても高感度数が上がる。

そして自分の気持ちも上がるという素晴らしいアイテムは、飛躍して欲しい、幸せな体験を沢山して欲しい、そして人生を一緒に歩んで欲しい。

など沢山のいい意味を贈る事が出来そうです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次